200万円借りたい!借入できる?

200万円借りたい!与信枠に空きがある限り借入できる!

カードローンは、どちらかというと数万円から数十万円くらいまでの借り入れに適していると言われることが多いのですが実際にはそれ以上を借り入れることもできます。何を審査されるかは一旦おいておきますが「与信」で200万の枠が充てられれば誰でもそこまで借入が可能となるのです。

借入限度額はそれぞれの金融機関によって異なりますし(属にいう2社目でも借りれるというのは与信枠の空き次第できまします)また契約者によっても異なります。法律による規制もありますから、誰でもたくさん借りる事ができるわけではありませんが、金融機関を選べばたくさん借りる事も可能です。

消費者金融で借りる場合は総量規制が適用される

消費者金融や信販会社のカードローンを利用するときには総量規制が適用されることになりますから、年収の3分の1までしか借りる事ができません。

100万越えの借入は銀行じゃないと借りずらい理由

銀行では総量規制が適用されませんから「法律による制限」はないと言えるでしょう。(銀行には銀行独自の法律が適用されている)制限はないと言ってもいくらでも借りる事ができるわけではありませんが200万円なら収入証明を提出不要で借入ができる場合もあります。消費者金融や信販会社であれば、200万円を借りるためには年収が600万円以上なければなりませんから、借入が難しいという人もいるでしょう。

ネット銀行は実は最先端を走るサービス

銀行にも色々な種類がありますが、最近ではネット銀行が積極的にカードローンのサービスを提供しており一般的な店舗を持つ銀行に比べると審査があまり厳しくない傾向があります。カードローンというと小額の借り入れというイメージが強いですが実際所得が少ない方も200万円くらいの大口の借入もでき引けをとらないサービスになっています。ちなみに有名銀行、消費者金融も不可サービスとしてネット銀行の特性、遅い時間でも振込手続きが出来る利点を生かしネット銀行とわざわざ提携しているところがほとんどです。

300万越えの借入で返済に困ったら危険信号

借入れの方法論を説明してきたのですが根本的に与信でおりた限度額をそのまま信用して借り続けるのは無計画も良いところで6掛けくらいが本当の返済能力と考えても良いくらいです。属に言われているのが返済出来る限界の一つの目安としては300万円程度でそれを超えた時どこからも借りれなくなったり返済する事が給料を圧迫したりした時は非常に危険な状態です。借金地獄の扉を開いてしまた場合最終的に債務整理 弁護士という道しかなくなってしまう可能性が高いです。赤信号の前に黄色は止まることを心がけて借入れを行ってください。